□ お 知 らせ □


平成29年11月27日

 ○PHITS2及びPHITS2-Eduの名称変更のお知らせ
PHITS2の名称がPHITSに変更になり、Ver2.88からVer3.02に更新されました。
PHITS2-Eduの名称がPHITS-Eduに変更になり、Ver2.88からVer3.02に更新されました。

平成29年10月3日

 ○量子科学技術研究開発機構(QST) コード配付のお知らせ
量子科学技術研究開発機構(QST)との協力協定により、 QSTで開発され機構外利用指定されたプログラム(含、データベース)の配付を行います。

平成29年8月9日

 ○日本原子力学会秋の大会(2017)出展のお知らせ
2017年9月13日(水)〜15日(金)に北海道大学で行われる日本原子力学会秋の大会において、原子力ソフトウェアの収集と配付に係るコードセンターの役割、サービス内容、利用方法等の紹介を行います。

平成29年1月10日

 ○PHITS Ver. 2.88リリースのお知らせ
PHITS Ver. 2.52以降をお持ちの方のアップデートは、インターネットを介して行い、その具体的な方法は、PHITSメーリングリストにてアナウンスされます。ご登録をお願いいたします。それ以前の方は、平成25年1月4日・PHITS Ver. 2.52リリースのお知らせをご参照下さい。

平成28年8月5日

 ○日本原子力学会秋の大会(2016)出展のお知らせ
2016年9月7日(水)〜9日(金)に福岡県久留米シティプラザで行われる日本原子力学会秋の大会において、原子力ソフトウェアの収集と配付に係るコードセンターの役割、サービス内容、利用方法等の紹介を行います。

平成27年8月3日

 ○日本原子力学会秋の大会(2015)出展のお知らせ
2015年9月9日(水)〜11日(金)に静岡大学で行われる日本原子力学会秋の大会において、原子力ソフトウェアの収集と配付に係るコードセンターの役割、サービス内容、利用方法等の紹介を行います。

平成25年1月4日

 ○PHITS Ver. 2.52リリースのお知らせ
原子力コードセンターから、PHITS2.24を入手した方で最新版をご希望の方は、PHITS2.52のDVDを郵送いたします。
ご希望の方は、以下の情報を原子力コードセンター rist-code-center@rist.or.jpまでメールしてください。
(件名は,「PHITS更新希望」としてください)
**********************
発送先情報
 郵便番号:
 宛先:
PHITSユーザー情報(同じ所属に複数名のユーザーがいる場合は,まとめてご連絡ください)
 所属:
 名前:
 利用許諾書の日付:
**********************
・利用許諾書もしくは利用申込書の日付は分かる範囲でご記入ください。
最新版PHITS2の詳細は、PHITSホームページをご参照ください。 http://phits.jaea.go.jp/indexj.html
お問い合わせ先:PHITS事務局 phits-office@jaea.go.jp

平成21年6月22日

 ○MCNPコード類の配付停止関連ニュース
MCNPコード類の配付停止に関して、RSICC ホームページのRSICC ANNOUNCEMENTSの欄に6月19日付けで、下記のニュースが掲載されました。 要点は次のとおりです。@RSICCは最近DOEから新規ガイドラインの提示を受け、MCNPコード類の配付を再開した。しかし、NEAデータバンクによる配付再開までにはまだ細部の詰めが残っている。Aソースコードを含むソフトウェアは規制、制約の対象となっている。非米国籍の利用者はソースコードを含まない実行形式のみのソフトを請求するよう強く推奨する。国外からのソースコード版ソフトの請求に対しては、承認プロセスに長い期間がかかり、またDOEの追加的な認証が必要となるであろう。B対象となるパッケージにはMCNP5/MCNPX, MCNP5/MCNPX-EXE, MCNP-DSP, MCNP-POLIMI, 及びMRIPPが含まれる。
また、同じ6月19日付けで、RSICCウェブサイト全般に関するお知らせが掲載されており、同時多発テロに関連したセキュリティ強化のために、RSICCウェブ情報の一部にアクセス制限をかけ、ソフトウェア解説書に関しては今後はオンライン提供を止め、登録・発注時の配付に限定する旨が通知されています。
(原文は下記URLを参照してください)
http://rsicc.ornl.gov/rsiccnew/announcements.htm
**補足**  既に配付されたMCNPコード類の利用に関しては、RSICCから何ら要請は来ていません。したがって、入手時の規約に沿ってこれまでどおりご利用頂き、その成果を公表されることはまったく問題ありませんので、その旨ご承知ください。

平成21年4月17日

 ○MCNP、MCNPXの全バージョン、及びそれらを組み合わせたコードの配付一時停止のお知らせ
4月16日にRSICCから連絡があり、MCNP、MCNPXの全バージョン、及びそれらを組み合わせたものの配付を直ちに停止するよう要請がありました。以下に、原文を添付します。 RSICC has gotten a directive to request NEADB and RIST to immediately stop any distribution of ALL VERSIONS of MCNP and MCNPX, and combinations of such. There is an issue that the Department of Energy has undertaken with regards to these codes and we are trying to get clarification. We hope to get guidance in the near future. そこで、利用者の皆様には大変ご不便をおかけしますが、配付許可の連絡があるまで上記コードの配付は中断しますのでよろしくご理解のほどお願い申し上げます。

平成20年7月23日

 ○MACCS及びSECPOPコードの登録抹消及び配付・提供停止のお知らせ
 このほど、RSICCからNEA及び当財団に対して、開発元の米国NRCからの要請に基づき、 MACCS及びSECPOPコードの登録抹消及び配付・提供を停止するよう申入れがありました。
 つきましては、現在当コードセンター及びRSICCユーザ会に登録されているコードから MACCS及びSECPOPコードのすべてのバージョンを抹消し、配付・提供を停止します。
 なお、当該コードに関するお問い合わせは、US Nuclear Regulatory Commission (NRC)の Carlos Navarro [Carlos.Navarro@nrc.gov]宛てにお願いします。