English

利用支援部の業務内容について

理研R-CCSやポスト「京」重点課題等と連携して、以下の業務を実施しています。

  1. HPCIで利用されるアプリケーションの利用技術相談

    アプリケーションの開発環境や実行環境、実行性能や性能改善、利用に関する一般的な内容など、アプリケー ションの利用に関する様々な相談に対応しています。
  2. HPCIで利用されるアプリケーションの調整・高度化の支援
    1. (1)単体性能、並列性能、通信性能、I/O性能の分析および改善の支援
    2. (2)研究者の視点(物理的な内容に踏み込んだ視点)からの高度化の支援
    3. (3)ユーザの利便性の向上等を目的としたアプリケーションソフトウェアの利用環境整備
    4. (4)高度化支援を中心とした利用支援活動について情報発信

    今までの高度化支援の事例は、下記URL参照。
    http://www.hpci-office.jp/pages/tuning_support

  3. HPCIの利用を促進するための講習会等の実施
    1. (1)一般向けHPCプログラミングセミナー(チューニング技法、並列化技法(MPI,OpenMP)、メニーコア、アクセラレータ)
    2. (2)利用者が多いOSSの利用を促進するためのワークショップ
    3. (3)HPCIの利用効率を高めるための高速化ワークショップ

    今までの講習会の実績は、下記URL参照。
    http://www.hpci-office.jp/pages/events_past_old

  4. 計算科学に対する理解増進に資する活動
    1. (1)計算機発展の歴史を分かり易く説明する博物館型の展示
    2. (2)将来の計算科学を担う人材を育成するためのアウトリーチ活動
  5. 特定先端大型研究施設の共用の促進に関する法律(共用法)第12条による調査・研究

    上記、利用支援業務を遂行するために、文部科学大臣の承認を受け、「京」を使った調査・研究を行いました。この調査・研究は、「京」に関連・特化した技術情報を集積する他、支援員の技能向上にも役立ちました。

    今までの事例は、下記HPCIポータルサイト「京」共用法第12条調査研究利用報告書を参照。