蛍光分析

蛍光分析 けいこうぶんせき

 物質に励起光を照射すると物質から蛍光または燐光が放出される性質を利用して、その光の波長(または波数)及び強さから定量あるいは定性分析を行う方法をいう。励起光としては、光(可視、紫外)のほかにX線が用いられることもある。X線で励起した場合に放射されるのは、蛍光X線であり、これによる分析法は蛍光X線分析と呼ばれる。


<登録年月>
1998年02月




RIST RISTトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ