しきい値

しきい値 しきいち

 一般的にある値以上で効果が現れ、それ以下では効果がない境界の値をしきい値という。放射線影響の分野では、皮ふの紅斑、脱毛、不妊など、放射線の確定的影響には、それらの効果を生ずる最小の線量が存在する。これを「しきい値」という。ICRPの線量限度を決定するための大原則として、いかなる理由があってもしきい値を超えるような線量を与えないことがうたわれている。ICRP勧告における「組織線量当量限度」はこの考え方に基づいている。


<登録年月>
1998年01月




RIST RISTトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ