再処理

再処理 さいしょり

 再処理とは使用済核燃料中に含まれているウランとプルトニウムとを化学的にそれぞれ回収し、さらに分離された残りの核分裂生成物を安全に処理することである。その方法は大別して湿式法と乾式法があり、湿式法には沈澱法、溶媒抽出法、イオン交換法があり、乾式法にはふっ化物揮発法、乾式高温法がある。溶媒抽出法(ピューレックス法)は現在実用化されている唯一の方法である。


<登録年月>
1998年01月




RIST RISTトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ