回収プルトニウム

回収プルトニウム かいしゅうぷるとにうむ

 使用済み燃料から再処理によってUとPuを分離精製して回収するプルトニウムのことをいう。この回収プルトニウムは、軽水炉および高速炉で燃料として再利用される。軽水炉での使用をプルサーマル利用と呼んでいる。高速炉では、プルトニウムは効率よく再利用でき、燃焼に用いた以上のプルトニウムを生産することが可能である。


<登録年月>
1998年01月




RIST RISTトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ