ガードベッセル

ガードベッセル がーどべっせる

 高速炉の工学安全施設の一つである。高速炉の場合炉容器や一次主冷却系の損傷があればナトリウムは漏れて炉心燃料が露出しカラ炊きになるのでこれを防ぐために炉容器等が2重になっている。この原子炉格納容器、一次主冷却系循環ポンプ及び中間熱交換機外側に設けた保護容器をガードベッセルと呼んでいる。内側炉容器と外側ガードベッセルの間の容積はナトリウムがリークした時でも炉心燃料頂部が露出せず、自然循環除熱が出来るように頂部と出口配管までのナトリウム容積を考慮して設計されている。


<登録年月>
1998年01月




RIST RISTトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ