化石エネルギー

化石エネルギー かせきえねるぎー

 fossil energy.  化石エネルギーとは、化石燃料の燃焼等によって得られるエネルギーをいう。化石燃料は太古の地球に生存した動植物が死滅後に堆積し、熱化学的変成等を受けて炭化水素を主成分として生成したものである。起源が動植物に由来すると考えられるため、比喩的に「化石」という用語が用いられる。大別して石炭、石油、天然ガスに分類され、石炭は植物に、石油は微生物に由来すると推定されているが、天然ガスの成因、賦存状態は多様である。なお、石油と天然ガスは非生物起源であるとの説も古くから提唱されており、実際に生物起源説では説明し難い地層に油田が発見されたため、石油、天然ガス資源は無尽蔵とする主張もある。しかし、これまで発見された油田が生物起源であることが否定された訳ではなく、学術的にはまだ未解明の状況にある。


<登録年月>
2010年07月




RIST RISTトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ