ホットスポットファクタ

ホットスポットファクタ ほっとすぽっとふぁくた

 hot spot factor. 軽水型原子炉(BWR,PWR)などの原子炉熱設計において、出力空間分布、核燃料製作上の許容誤差や原子炉冷却材流量の配分不均一などの影響を考慮して、炉心内で最も温度が高い場所(ホットスポット)の分を補正する安全係数。普通は核的因子(中性子束の空間分布に起因するもの)と工学的因子(核燃料製作上の寸法や均質性に対する許容誤差や原子炉冷却材流量の配分不均一に起因するもの)に分解してそれぞれ算出され、最後に合成される。熱流束のホットスポットファクタ=炉心内の最大熱流束/炉心内の平均熱流束、で定義される。


<登録年月>
2000年11月




RIST RISTトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ